アーティスト

BORO
BORO

PROFILE

1954年、兵庫県伊丹市出身。
BOROとは、オンボロ自転車に乗って街中を走り回っていた彼に、友人達がつけたニックネーム。
1979年内田裕也氏のプロデュースによる「都会千夜一夜」でデビューし、同年「大阪で生まれた女」が大ヒット。以来20枚のアルバム、9枚のベストアルバム、20枚のシングルを発表。
沢田研二、松田優作、雪村いづみ、梓みちよ、島田紳助、近藤真彦、森進一、八代亜紀等多くのアーティストに楽曲を提供し、音楽プロデューサーとしても活躍している。
1991年、筋ジストロフィーの少女・綾佳ちゃんと出会い、1993年「AYAKA基金」を設立。
募金活動や署名運動を通し、筋ジストロフィーに対する理解や原因究明の更なる推進を求めて、1997年には小泉厚生大臣(当時)、2000年には津 島厚生労働大臣、坂口厚生労働大臣には2001年、2002年、2003年の三度、2004年には尾辻厚生労働大臣、2006年には柳沢厚生労働大臣、 2007年と2009年には舛添厚生労働大臣に、そして、基金設立20周年となる2013年には、安倍総理大臣に10回目の募金を届け、広く着実にその活 動を展開している。
2003年自叙伝「プロペラのない飛行機」を発表。
2004年、自身のレコード会社BBBレコード?スタジオが神戸に完成。
2009年8月、デビュー30周年記念アルバム『不老不死な物語』を発表。
2010年3月10日には、ユニバーサルミュージックよりBORO自身が監修・選曲した31曲入り30周年記念ベストアルバム「BORO」をリリース。
2012年7月、自身のフェイスブックのサイトで、夢や希望や元気の出る前向き言葉を発して日本を元気にしようと「前向き言葉推進委員会」を立ち上げた。
実は、BOROは若い時からC型肝炎で長年体調不良が続いていたが、その他にも2006年7月から上顎洞(じょうがくどう)に膿がたまり、5年間で計5回の手術を繰り返し、口の中を計144針縫っている。
更に2010年7月7日に硬膜下血腫で生死をさまよう大手術を受けて、退院2日目、映画音楽のレコーディングで主題歌を熱唱。その影響で硬膜下血腫が再発し8月10日再手術を受けた。
立て続けに襲い来る病と闘い続けて来たBOROだが、2014年、新薬でC型肝炎の治療を開始し、還暦を過ぎてから、やっと健康になってきた。
デビューして36年、ますます円熟味を増す感性と表現力を最大の武器に、生まれ変わったBOROが発する熱いメッセージから目が離せない。

2015.09.16
大阪で生まれた歌 通常盤(CD)
大阪で生まれた歌 通常盤(CD)
  • 収録曲CD
  • 01.酒と泪と男と女 with 河島英五
  • 02.悲しい色やね
  • 03.月のあかり with 美勇士 feat.原田喧太(GUITAR)
  • 04.やっぱ好きやねん
  • 05.大阪で生まれた女
  • 06.浪花恋しぐれ duet with 南野陽子
  • 07.六甲おろし with 川藤幸三 オール巨人 澁谷天外 feat.はたけ
  • 08.雨の御堂筋
  • 09.大阪エレジー feat.はたけ from シャ乱Q
  • 10.大阪の女 duet with 大西ユカリ
  • 11.どっちやねん
  • 12.大阪で生まれた女19
  •  
2015.09.16
大阪で生まれた歌 初回限定盤(CD+DVD)
3,600円(税抜価格)+税 QAIR-30003
  • 収録曲CD
  • 01.酒と泪と男と女 with 河島英五
  • 02.悲しい色やね
  • 03.月のあかり with 美勇士 feat.原田喧太(GUITAR)
  • 04.やっぱ好きやねん
  • 05.大阪で生まれた女
  • 06.浪花恋しぐれ duet with 南野陽子
  • 07.六甲おろし with 川藤幸三 オール巨人 澁谷天外 feat.はたけ
  • 08.雨の御堂筋
  • 09.大阪エレジー feat.はたけ from シャ乱Q
  • 10.大阪の女 duet with 大西ユカリ
  • 11.どっちやねん
  • 12.大阪で生まれた女19
  • 初回限定盤DVD
  • 大阪で生まれた女18 フルコーラス収録